当法人について



定款・規則等

定款  ⇒  定款PDF

会員規則  ⇒  会員規則PDF

社員総会規則  ⇒  社員総会規則PDF

理事会規則  ⇒  理事会規則PDF

基金取扱規程  ⇒  基金取扱規程PDF

消潜100Pプロジェクト委員会規則  ⇒  消潜100Pプロジェクト委員会規則PDF

個人情報に関する取扱いについて  ⇒  個人情報に関しての取扱いについてPDF



組織図

消防潜水連盟組織 ⇒ 消防潜水連盟組織図PDF

消潜100Pプロジェクト委員会組織 ⇒ 消潜100Pプロジェクト委員会組織図PDF



経緯とビジョン

設立者は、1984年レジャーでのダイビングを始め、今日まで潜水指導員としてボランティアでレジャー潜水での事故を軽減するため、数々のダイバーを指導してきました。その間に消防人として特別救助隊に在籍し、水難救助担当として従事しました。消防の潜水を見つめるとレジャーにはない特殊性及び災害現場での隊員の心理状態があることに気付き、職場内で潜水士資格を取得し、技術研修に終始するということに疑問を感じていた。

2007年春、全国の水難救助担当者同士で親睦を兼ねて「消防潜水を考える」仲間が自然発生的に集まる。

2008年秋、全国の仲間でSNS(ウェブ上でのソーシャルネットワークサービス)を運営し、フォーラム等を通じて交流を始める。

2009年春、消防潜水連盟を発足し、同好の仲間として始まる。

2015年8月、一般社団法人 消防潜水連盟 設立

訓練会や各地での交流会を実施し、消防潜水基準を作成し、現在に至っています!

今後のビジョンについては、仕事を離れた余暇を利用する消防人の自己研鑽の場として、全国に指導員を増やし、訓練会・検定会を各地で実施できるようにトレーニングセンター等を整備していくものです。

訓練会を実施するうえで相当の保険にも加入し、事故の軽減を図るとともに万一の事態にも対応できるように準備しています。

また訓練会のクオリティを高くするためにも競技会を実施し、会員が目標とできるものも作り上げたいと思っています。

更に総会時に実施する懇親会についてもできるだけ全国各地で実施できるように各地に支部を設置してまいります。

これから、消防潜水連盟を発展していく中で、消防人の共通語でもある「固い絆」や「奉仕の精神」、公務員としてのスタンスを崩すことなく進めていくものです。

是非、全国の消防人、水難救助担当者のみなさんのご協力をお待ちしています!



実績


理事会・社員総会


事業計画・予算


財務


人事


tel.png

t-shatu.png
sensuisiyousei.png
exam.png
test.png
cafe.png
workout1.png
seminar.png
drll.png
taiin.png
kansiin.png
kanrisha1.png
kyousi.png
kantokusha.png